2015年08月27日

韓国ドラマ-鄭道伝(チョンドジョン)-あらすじ-ネタバレ-放送予定-40話〜42話-最終回

韓国ドラマ-鄭道伝(チョンドジョン)-あらすじ-ネタバレ-放送予定-40話〜42話-最終回まで!キャスト-登場人物情報ありでネタバレ!BSジャパンで放送予定!最終回の視聴率は19%!動画やラベルはDVDで要チェック!!

【鄭道伝(チョンドジョン)のあらすじ-概要】

高麗末の乱世を乗り越えて易姓革命を成し遂げ、朝鮮建国の功臣として名を馳せた鄭道伝(チョン・ドジョン)の波乱万丈な
生涯を描く。

韓国ドラマ-チョン・ドジョン.jpg


スポンサーリンク





【鄭道伝(チョンドジョン)-あらすじ-ネタバレ-放送予定-40話〜42話-最終回】

鄭道伝(チョンドジョン)-あらすじ-40話

鄭道伝はジョンモンジュの死を知ってイパンウォンに二度と叔父と呼ぶなと言い、イソンケはイパンウォンを殺そうとする。
一方、トタンではコンヤン王の廃位を論じ、これに危機感を感じたコンヤン王はイソンケを訪ね同盟を結ぼうとする...


鄭道伝(チョンドジョン)-あらすじ-41話

鄭道伝はイソンケに王になってくれることを要請し、イソンケは結局受け入れる。
一方、王氏を中心とした反革命勢力の抜本的根絶を控えて鄭道伝と側近との間でぎすぎすしているイスンインは結局悲惨な最期を迎える。
一方後継ぎの決定を控えてイパンウォンは緊張して事態の推移を見守っている。


鄭道伝(チョンドジョン)-あらすじ-42話

イソンケの世子を決めることになり重臣朝堂は、次男バンクア開国功臣の五男バンウオンを候補しバンウォンは、異母のカン王妃 
チョンドジョンに世子即位の協力を求める。
ドジョンの目指す理想民本主義を成就させるためには「強力な王権」が必要でそれには私でなければならないとイバンウォンは力説したのである。


スポンサーリンク






韓国ドラマ-鄭道伝(チョンドジョン)-あらすじ-ネタバレ-放送予定-37話〜39話-最終回

韓国ドラマ-鄭道伝(チョンドジョン)-あらすじ-ネタバレ-放送予定-43話〜45話-最終回

韓国ドラマ-鄭道伝(チョンドジョン)-あらすじ-ネタバレ-放送予定-全話一覧-最終回

韓国ドラマ-鄭道伝(チョンドジョン)-登場人物&キャストはこちら


【その他の韓国ドラマ-おすすめ】

韓国ドラマ-大丈夫、愛だ-放送予定-あらすじ-ネタバレ-全話一覧はこちら

韓国ドラマ-ずる賢いバツイチの恋-あらすじ-ネタバレ-放送予定-全話一覧はこちら

韓国ドラマ-熱愛-あらすじ-ネタバレ-放送予定-全話一覧はこちら

韓国ドラマ-みんなキムチ-あらすじ-ネタバレ-放送予定-全話一覧はこちら

韓国ドラマ-製パン王キム・タック-あらすじ-ネタバレ-放送予定-全話一覧はこちら

韓国ドラマ-トロットの恋人-あらすじ-全話一覧-感想-最終回はこちら







スポンサーリンク


スポンサーリンク







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。